能開個別ホロンは、岐阜、石川、富山、福井、兵庫、山口、長崎に教室を持つ個別指導塾です。

ホロン個別指導の中学部

年間学習スケジュール

年間学習スケジュール

  • ●中1・中2は各学年範囲を年間2回くり返し学習
  • ●講習会で重要単元をくり返して集中学習
  • ●中3はⅠ期(4月〜7月)と9月で全範囲学習
    (重要単元くり返しあり)
  • ●夏は合宿において徹底復習とともに受験意識の向上

指導目標

まずは成績を上げることを目標に指導します。各学校の教科書やカリキュラムを把握し、同時に生徒の苦手科目の克服を考え、一人ひとりに最適の学習プランを作成します。中学3年の秋以降は、高校入試に対応できる総合力を身につけるために、実際の公立高校の入試問題の演習と解説を通じて、試験問題の傾向をつかみ、問題の解き方、時間配分の方法を学びます。数多くの入試問題に触れることで、より実戦に近い感覚を養うだけでなく、本番に向けての心構えも身につけます。

各学年の指導方針

  • 中学1年 中学でトップを走り続ける
    基礎作りを

    中学での勉強は、小学校と比べて学習内容が難しくなり、進度も速くなります。予習型くり返し学習の徹底により、学習総量を上げ、ワンランク上の学習に取り組みます。
  • 中学2年 受験学年に備えて準備をしよう
    第一志望校を早期に思い描かせることで受験生としての意識を高め、志望校合格とその後の進路、夢について明確な目的意識を持たせます。その進路のためにいま何をすべきなのかを常に考えさせながら学習を進めていきます。
  • 中学3年 高校進学後も通用する力を
    養います

    過去の実際の入試問題を解く「中3土曜特訓」、本番さながらの雰囲気で受験の流れを体感する「模擬入試」など、年間のその時期にあわせた学習プログラムにより第一志望校合格を確実なものにしていきます。

また、年間3回行われるEXオープン模試の結果を分析し、定期的にプログラムのレベルを修正していきます。

各学年の指導方針

各学年の指導方針

中学生 - 英語・数学・国語・理科・社会
中・高一貫校対応 - 英語・数学・国語・理科・社会

ページの先頭へ戻る

設置コース

各5科目コース・4科目コースは、ホロン通常授業と「理科・社会演習講座」を組み合わせたコースです。

中学1年・2年のコース

総合5科目コースは5科目を偏りなく学習し、総合力の強化を目指すコースです。通常授業では弱点を早期に克服し、高校受験に向けた土台作りを行います。
標準4科目コースは主要科目のホロン通常授業に加え、手薄になりがちな理科・社会を効率よく進める4科目コースです。学習習慣と学習量にこだわります。

中学3年のコース

トップ高校受験5科目コースは地域トップ高校合格を目指し、5科目を総合的に伸ばすコースです。トップ高校受験に必要な学習量をしっかりと確保します。
受験5科目コースは志望校受験突破を目指し、5科目を総合的に学習するコースです。志望校受験に必要な学習量をしっかりと確保します。
高校受験突破を目指し、主要科目のホロン通常授業に加え、手薄になりがちな理科・社会を効率よく進める4科目コースです。

中学1~3年のコース

各中学校の中高一貫カリキュラムに合わせて指導を行います。学校で使用している教材をもとに指導し、学力の定着を図ります。

定期テスト対策講座詳しくはこちら

ホロンでは、「2週間前がテスト直前」と言っています。
学年が進むにつれ、学校の学習内容も難易度を増し、科目毎の学習点検が必要となってきます。定期テストでは、複数の科目を「どのように処理するか」を学び、「学習の基本姿勢」すなわちノートの書き方・まとめ方、参考書の使い方を点検し直して欲しいと思っています。定期テスト対策講座は、通常では受講していない科目の申込も可能です。

定期テスト対策講座

集中的に進めたい科目・補強が必要な単元など一人ひとりの目的や状況に応じて学習プログラムを提案します。

受講内容

大学受験に向けて、必要な科目の学習を通常授業にプラスして進めていきます。
①学習レベル②使用教材③家庭学習指導を個別に対応します。

受講科目

英語・数学・国語・理科・社会

ページの先頭へ戻る

ホロンの受験対策

入試実戦形式で5科目のテストを行います。テスト後は解説授業とやり直しによって、実戦感覚と総合力をつけていきます。

中3土曜特訓の流れ中3土曜特訓の流れ

入試総合問題で合格を確実にします
毎週、過去の入試問題5科目を、実際よりも短い時間で解いていきます。入試独特の緊張感ある空気の中で、「入試形式」「傾向」に慣れ、「時間配分の感覚」を体で覚えていきます。限られた時間で十分に回答できる「対応力」「テクニック」「スピード」「正確さ」がしっかりと身につきます。また、毎週返却される成績表からは、学力レベルや学力推移、弱点箇所を正確に知ることができます。

中3生合格プログラム

A君の場合 A君は、数学が苦手で、関数の中に「図形」が絡むと、もうまるでダメ。連立方程式の問題なのか、一次方程式の問題なのか、文章題を見ただけではわかりませんでした。

土曜特訓を受けたら・・・

●成績表で毎週自分のレベルを知る
毎週、成績表という目に見える形で結果が出ます。今の自分のレベルや、弱点箇所を確認できます。

成績表を活用する3つのポイント
1.先生と結果を共有し、今後の自分への課題を明確にしよう。
2.発見した弱点単元は早めにつぶし、軌道修正しよう。
3.偏差値で自分の現在の位置を正確に知ろう。

●やり直しノートで間違いを完璧に
テストで間違えた問題をノートで再確認。理解できるまで取り組みます。

ページの先頭へ戻る

学年別クラスのご案内

特別体験会はこちら

国語の底力アップ講座はこちら