能開個別ホロンは、岐阜、石川、富山、福井、兵庫、山口、長崎に教室を持つ個別指導塾です。

ホロンの学習管理システム

能開個別ホロンでは、大学受験から逆算した「中高一貫教育」で、子どもたちの学力を段階的に伸ばしていきます。それぞれの生徒にあわせた多彩なコースで、「第一志望校合格」という目標の達成はもちろんのこと、社会に出てからも必要となる「学習の基本姿勢」を、低学年のうちからしっかりと指導していきます。

■参考書、辞書の使用、ノート指導
学習を進めていくための基本の力を身につけます。ホロンでのこだわりのひとつです。

■5分間テスト
毎週、授業開始時に5分間の小テストが行なわれます。小・中学生は漢字、高校生は英単語です。
毎回範囲が指定されますので、事前に学習をして臨みます。

■宿題
授業の中で間違った問題、テストで間違った問題は、必ず家庭でやり直します。また、それ以外に指定テキストやプリントで宿題が出されます。

ページの先頭へ戻る

第一志望校合格を目指す実力養成指導のホロンですが、定期テストの成績を上げるために、「定期テスト対策」(オプション)を実施しています。通常受講していない科目の定期テストに向けた学習に力を発揮しています。

個別カリキュラムを進めていく中で、弱点として残った単元は、講習会で補っていきます。講習会でどの
単元をどういった内容で行うか、どのくらいの量をこなすかは、Noahの成績データをもとに、担任が「講座提案シート」により個別に提案していきます。目標達成のために、限られた時間の中で、一人ひとりにとって最大限効果的な学習を提案していくホロンの強みです。

ページの先頭へ戻る

Lecture(授業) + Test(テスト)で進めていきます。

■授業
一人ひとりに作成された個別学習プログラムに沿って、授業を行います。

■確認テスト/単元修了テスト
確認テストは毎回の授業終了後に実施します。その日に学習した内容を定着させることが目的です。単元終了テストは、単元が終わるごとに行うテストです。確実に理解できているかどうか、単元の到達度を測ります。

ページの先頭へ戻る

年3回、総合的な全国学力テストであるEXオープン模試を実施します。成績分析から、弱点科目や弱点単元を抽出して、プログラム修正や講習会での学習内容の提案、決定を行っていきます。
※EXオープン模試はティエラが開発した相対評価模試であり、これまで延べ65万人のデータを誇る全国有数の模試です。

過去の入試問題5科目を実戦形式で数多く解くことで、入試において最も必要とされる実戦感覚や問題傾向を身につけていきます。また、解説授業とやり直しノートによって、弱点単元の克服と確実な総合力アップを図っていきます。

ページの先頭へ戻る

特別体験会はこちら

国語の底力アップ講座はこちら